社長挨拶

baharu ceo

 

「トルコと日本の「架け橋」になりたい」

バハールが生まれるきっかけは、とても小さな疑問からでした。
当時、日本ではトルコ食材を手にすることは難しく、店頭で見かけることはほとんどありませんでした。自国・他国を問わず、美味しい食を好む日本の皆様に、食糧自給率100%を誇るトルコの食材がなぜ食してもらえないのかと。広大な大地で降りそそぐ太陽の陽を浴びながら育った食材を、日本の皆様に是非味わっていただきたいという願いは徐々に大きくなり、その思いに比例するように取り扱う商品は増えていきました。

トルコ食材を日本に紹介するという、小さく細かった架け橋は、少しずつではありますが、大きく太くなっていきました。その架け橋をより強靭なものとすべくMARREブランドを立ち上げ、皆様に安心して食べていただける安全で美味しいトルコの食材をお届けしております。また、食材のみならず、企業と企業、また国と国とを繋げていけるような企業になれるよう、たゆまぬ努力を続けてまいりたいと存じます。
 

株式会社バハール 代表取締役
オネル ソネル